作成者別アーカイブ: シャイキング

大きな病気になる前に心がける事とは

大きな病気になる前に、心がけておきたい事は幾つかあります。
いざという時のために、心の整理くらいはしておきましょう。

人はいつどうなるか分からないという事

人間として生きている限り、人はいつどうなるか分かりません。
特に病気に関しては、どれだけ健康的に生活していても完全に避ける事は難しいです。
だからこそ、ポジティブにいざという時の事を考えておきたいもの。
特にお金や家族、そして身の回りの処理や友人の事など。
こういった事は特に心がけておいた方が、普段の心構えも落ち着くでしょう。

特にお金の事は良く考えておこう

ちょっと嫌な話かもしれませんが、やはり人が一番悩む問題は「お金」でしょう。
だからいざという時、お金の問題はどうするべきなのか。
あらゆるパターンを考えて、しっかりお金の心構えをしておきましょう。
お金の不安が少なければ少ないほど、不安は解消されるはずです。

お金を中心とした心構え

一番心がけておきたい事はお金の問題。
そしてお金を中心として、身の回りや家族の問題も考えておく事が大事。
逆にこうした問題を何も考えていないと、いざという時どうしよう……という漠然とした不安にかられてしまいます。
そうならないためにも、お金の事などはしっかり考えておきましょう。

トラブル続きのイライラ撃退法

トラブルばっかり続くとイライラが止まりませんよね。
そんな時のイライラ撃退法って一体何なのでしょうか?

なるべく外に出よう

ストレス発散法は人それぞれ違うと思いますが、やはり外に出る事をオススメします。
家に居て悶々と考え事をしていても、イライラを撃退する事は出来ません。
とにかく出かけて好きな物を買ったり、おいしいごはんを食べたり、友達と遊んだり……。
イライラ撃退法はそういった行動を取ることが必要不可欠。
家にこもっていても、むしろストレスが溜まるだけなのです。

愚痴は逆効果?

よく愚痴ってストレス発散をする、なんて言葉を聞きますよね。
でも、愚痴りすぎると余計な事を考えてしまい、むしろ自分が攻撃的になってしまうだけなのです。
だからやっぱり、スッキリするような行動を取る方が健康的にイライラを撃退出来るんですよ。
少しぐらいなら愚痴っても良いかもしれませんが、愚痴りすぎないように気をつけましょうね。

外出を心がけ、愚痴はあまり言わないようにしよう

家にこもらず外に出て、愚痴はあまり言わないようにする。
こうするだけで、意外にもイライラをかなり撃退出来ます。
とにかく一番逆効果なのは家にこもる事や、愚痴って更にイライラを募らせる事なのです。

周囲の目を気にせずに過ごしてみよう!

周囲の人たちは自分の事をどう思っているんだろう? こんな事したら変に思われるかも……。
そうやって周囲の目が気になる場合は、どうやって気を紛らわせるべきなのでしょうか。

そもそも自分は周囲の人をどう見てる?

まず、そもそも自分が周囲の人をどう見ているか考えれば、気を紛らわせる事が出来ます。
いざ考えてみると、大多数の人たちが「自分はそんなに周りを気にしていない」という事実に気がつくはず。
他人の発言や行動に対して、貴方はいちいちリアクションを起こしたり、いつまでも覚えたりしていますか?
やはりそんな事は無く、そこまで他人の一挙一動を気にしてない事が分かるでしょう。
という事は、他人だっていちいち自分に対してそこまで注目していない、という可能性が高いのです。

周囲を気にしないでいられる方法

周囲の人が自分をどう見ているのか、という事も問題ですが、自分自身が周囲の存在を気にしてしまう事はありますよね。
そんな時は心の隅っこに自分は自分で他人は関係ない、という気持ちを持つといいでしょう。
自分は自分、と思える周囲に影響されない何かしらの強い気持ちや意志があれば、少しは気を紛らわせるのです。

周囲の目と自分の気持ち

自分が思っているほど、他人は自分の事を気にしていない。
そして心に自分は自分、他人は関係ないという気持ちを持つ。
それだけでも、ある程度は気になる周囲の目を紛らわせられるでしょう。

貧困な気持ちは経済的な不安に繋がるのか

被害妄想や貧困な妄想は、経済的な不安を抱える事に繋がります。
なるべくネガティブな考えを避け、余計な不安を抱かないようにしましょう。

ネガティブな気持ちと経済的な不安

自分の経済状態がどうであれ、被害妄想や貧困な妄想は経済的な不安に繋がります。
今の仕事はいつまで続けられる? 会社は大丈夫? 年金はどうなるの?
そういう不安を持つのは当然だし、誰でも何度となく考える事です。
しかし、そういった被害妄想や貧困な妄想は、経済的な不安にまで繋がってしまうのです。

経済的な不安を抱えるとどうなるの?

経済的な不安を抱えていると、実際の仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。
どうせいつかクビになる、今の仕事をしていても車や家なんか買えない……。
そういう気持ちになったら、仕事にやりがいを感じられないし捗らなくなりますし、最悪は鬱になったり仕事を続けられなくなります。
そうならないためにも、なるべく経済的な不安は持たない方が良いでしょう。

どんな経済状態でも、とりあえず今の仕事を頑張ってみよう

不安を持つのはしょうがないけど、今の所はこの仕事を頑張ろう。
とりあえずそういった気持ちさえ持っていれば、最低限心の平定は保てます。
ありもしない妄想などで仕事に悪影響を出さないように気をつけましょう。

ゆったりした気持ちを持つ方法

ネガティブな感情になっている時は、なかなかゆったりした気分を持てませんよね。
でも、ちょっとした行動でゆったりした気分を持てるようになるんですよ。

音楽、映画、お風呂、色々な行動を取ってみよう

ゆったりした気持ちを持つためには、音楽や映画、お風呂などが効果的です。
好きな音楽や映画に触れるだけでも気持ちは安らぐでしょう。
あるいは銭湯にでも行って、ゆっくりお湯につかるのもアリ。
シンプルな方法ですが、やっぱり考える時間を無くす事が大事。
趣味に没頭したりお湯に浸かってリフレッシュしていれば、ゆったりとした気分を保てるようになります。

マッサージやお風呂は特に効果的?

音楽や映画も良いですが、マッサージやお風呂は特に効果的です。
ゆったりとした気分を保つには、やはり体を休ませる事が重要なのでしょう。
マッサージで体をほぐしたり、いつもより長い時間お湯につかったりするなどして、自分なりに体を休ませて下さい。
疲れた体からは、ゆったりとした心は生まれないのです。

趣味と体のリフレッシュ

なるべく趣味に時間を使い心をリフレッシュして、マッサージなどで体をリフレッシュ。
こうして体と心を常に新鮮な状態に保っていれば、心がどんどんゆったりしてくるはずですよ。

人生に何度も起きる悲しい現実を解消する方法

人生をずっと過ごしていたら、悲しい現実は必ず何度か起きます。
でも、そういった悲しい現実はなるべく最低限にしたい所ですよね?

普段の心がけが大事

普段の心がけがなってない人は、悲しい現実に直面しやすいです。
例えば口が悪い、態度が悪い、仕事が適当、友達付き合いが悪いなど。
このような問題が自分にある場合、何かあった時誰にも助けてもらえませんよね。
それに自分の行動一つで、自ら悲しい出来事を招いてしまう可能性もあります。
やっぱり普段の心がけが悪ければ悲しい目にあいやすいし、心がけの良い人はあいにくいものなのです。

実際に起きた現実を解消する方法は?

さて、実際に悲しい現実に直面したらどう解消すれば良いのでしょうか。
行動に関してはその時その時で判断するしかありませんが、気持ちの面では幾つか共通した方法があります。
それはなるべくポジティブに、前へ進む気持ちを持つ事です。
実際に起きてしまった事はしょうがない、さてこれからどう動くのが最善だろうか?
そう考えるだけでも、悲しい現実を解消できる可能性が高まるのです。

普段の心がけを良くして、ポジティブに前へ進むこと

普段の心がけが良ければ、悲しい出来事が起きにくくなる。
そして実際に何か悲しい事や辛い事に直面したら、ポジティブに前へ進む気持ちを持つ。
これが悲しい現実を解消する方法であり、誰にでも出来る対処法でしょう。

劣等感を解消して自分らしさを保とう!

自分に劣等感を抱いていると、自分らしさを保つ事は出来ません。
なるべく劣等感を解消して、自分らしさを出せるようになりましょう。

劣等感を抱いてもしょうがない!

誰でも劣等感、というのは少なからず自分には持っていると思います。
でも、劣等感を抱いている所でどうにもなりませんよね。
それに自分を否定するよりも、肯定出来るように努力した方が絶対に良いはず。
自分はどうせこんな奴だから……と後ろに下がらないで下さい。
こういう事が出来るような人間になろう! という前に進む気持ちを持ちましょう。

劣等感を無くせばいい!

劣等感を抱いてもしょうがない、だから前に進む気持ちを持とう。
という事を説明しましたが、もう少し具体的に言うと劣等感を消す努力が大事なんです。
例えば見た目に自信が無いなら、ファッションを頑張ったり髪型を変えてみたり。
そういう努力で劣等感を「消す」事でしか、劣等感から解放される方法はありません。
そして劣等感を消すという事は、先に進む気持ちを持つという意味なんです。

コンプレックスを解消するしかない

自分はこういう問題があるから、劣等感を抱いている。
という事なら、そのコンプレックス的な問題を消すという行動が必要。
そして劣等感を無くしていく行動を取るだけでも、自分らしさを押し出せるはずです。

爆発しそうな怒りを抑える涼しい気持ち

誰だって爆発しそうな怒りを持つ事はありますよね。
そんな時はどうやって怒りの感情を抑えれば良いのでしょうか?

冷静に客観的になってみよう

怒りの感情を持っている時は、大抵の場合「自分は悪くない」という気持ちが強くなっています。
だからこそ、冷静に客観的な気持ちを持ってみる事が大切です。
もし友達と喧嘩したのなら、相手の側になって自分の言動を考えてみる。
本当に自分は正しいの? と頭の中でわざと自分を否定してみる。
そうした冷静かつ客観的な考え方は、怒りをグッと和らげる事が出来ます。

敢えて自分を否定するという事

そもそも怒っている時は、怒りの気持ちが一直線にどこかへ突っ走っています。
そして突っ走りすぎて気持ちが暴走して、怒りが収まらない訳ですね。
だから自分自身で、自分の怒りをコントロールしなければいけません。
そしてコントロールするというのは、敢えて自分を否定して怒りを抑える事を意味します。
「よくよく考えたら自分が悪いのかも?」、「自分の発言は正しかった?」などなど。
実際の善悪は全く別として、とにかく自分が悪いかも、という可能性も考慮すると心が冷えてくるのです。

自分を涼しく抑える

怒りで満ちている時は頭が沸騰していますから、涼しい気持ちで自分を抑えて下さい。
自分が悪いかもしれない? そんなに怒る事じゃないかも?
という可能性を涼しい顔して考えるだけでも、意外と怒りは静まっていくものなのです。